びわ湖Rプロジェクト

リユース容器「リパコ」実証実験を実施します。

しがローカルSDGs研究会(SL2)では、プラスチックごみの削減に向けて、テイクアウト弁当・総菜を統一のリユース容器「リパコ」で販売する実験事業を2023年2月より実施します。


実施時期:2023年2月1日~3月31日

実施主体:しがローカルSDGs研究会(SL2)
     うみゴミ対策琵琶湖プロジェクト実行委員会

協  力:NPO法人HCCグループ
     
大津市市民活動センター
     
NPO法人環人ネット
     
Linkしが

後  援:大津市、大津市地球温暖化防止活動推進センター
     
一般社団法人滋賀グリーン活動ネットワーク
     マザーレイクゴールズ推進委員会


2月18日に滋賀県庁で会見を行いました。
びわ湖Rプロジェクト リユース容器シェアリングサービス「リパコ」実証実験事業の実施について リリース文


※参加店舗など詳細はこちらから↓
 
https://www.repaco.org/

※リユース容器の名称「REPACO(リパコ)」は協力団体【Linkしが】の香田雅子さんに提案いただき、一般回答ありのアンケートで投票多数により決定しました。

※リパコのロゴマークは【おさんぽカメラ】の橋本由佳さんにデザインしていただきました。



しがローカルSDGs研究会 事務局
〒520-0047 滋賀県大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津1階
大津市市民活動センターBOX32 
Email:
sl2.biwako@gmail.com
Facebook:
https://www.facebook.com/Kanjin8plus