過去のお知らせ

2021年8月16日 滋賀県・まちづくりスポット大津による「体感びわ湖学マザーレイクゴールズSpecial」(9/25)参加者募集中です。

2021年8月9日 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書第I作業部会報告書(自然科学的根拠)が公表されました。

2021年8月6日 環境省が「食品ロス削減環境大臣表彰」受賞者選考に向けた募集を開始しました。(9月15日締切)

2021年7月14日 7月9日、国地方脱炭素実現会議において「地域脱炭素ロードマップ ~地方からはじまる、次の時代への移行戦略~」が決定されました。

2021年7月2日 近江八幡市が「気候非常事態宣言」を表明しました。

2021年7月1日 琵琶湖版のSDGsとして、マザーレイクゴールズ(Mother Lake Goals, MLGs)が発表されました

2021年7月12日 「CO2ネットゼロを考える次世代ワークショップ~Create a Sustainable Tomorrow 5-day ユースサマーデイキャンプ~」参加者募集中です。(7月31日締切)

2021年7月16日 SL2提案の「SDGsの取組推進とCO₂ネットゼロ推進に向けたリユース容器普及による2Rの促進について」をテーマに「滋賀県協働プラットフォーム」が7月21日(水)に開催されます。

2021年6月10日 気候非常事態ネットワーク作成の「気候非常事態行動計画作成ガイドブック」解説動画が公開されました。

2021年6月10日 動画配信、タレント「ぺこぱ」によるクイズ等でエコライフを考える、環境省「エコライフ・フェア2021 Online」実施中です。(2021年6月10日(木)~7月31日(土))

2021年517 5月9日開催「設立記念フォーラム」のアンケート結果、記録写真を掲載しました。

2021年5月12日 日本学術会議による国際共同声明(英国、日本、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカが参加)「ネットゼロと気候変動影響に備えた未来」の日本語仮訳が公開されました。

2021年5月11日 滋賀県が「しがCO₂ネットゼロみらい賞」の募集を開始しました。(7/16締切)

021年4月21日 環境省が脱炭素ロードマップの素案「地域脱炭素ロードマップ~脱炭素で、強靭な活力ある地域社会の実現へ~【骨子案】」を発表しました。

2021年4月21日 滋賀県税制審議会が、全国初となる「交通税」の導入の可能性を検討すべきとする答申を三日月知事に提出しました。

2021年4月1日 滋賀県が「CO₂ネットゼロ推進課」を設置し、全庁を挙げて取組を推進することを表明しました。

2021年4月1日 環境省「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」等について

2021年4月1日 日本経済新聞社が12月8日~10日、東京ビッグサイトにて「エコプロ2021」と「SDGs Week EXPO for Business 2021」を同時開催、出展者募集が始まりました。

2021年4月1日 滋賀県が「第五次滋賀県廃棄物処理計画(原案)」に対する意見・情報を募集中です。

2021年3月19日 気候ネットワークが「2050年ネットゼロへの道すじ」を公表しました。

2021年3月18日 神奈川県葉山町が「はやま気候非常事態宣言」を表明しました。

2021年3月17日 「第4回エコプロアワード」の募集が始まりました。

2021年2月1日 環人8プラスは「しがローカルSDGs研究会」に名称変更いたしました。